まずは、お電話でご予約ください。0120-7867-30 MENU
PAGE

事務所案内

事務所案内

大切にしているのは、
ご相談者様のお考え・
価値感に共感すること。

弁護士

石田 優一
Yuichi Ishida
兵庫県弁護士会所属 68期
登録番号:53402
知識を活かして解決に導く
「法律サービス」を提供したい。

弁護士は昔から、“先生”と呼ばれる職業ですが、ご相談者様に対して「教える」「諭す」といった接し方をしたり、自らの考えを押し付けたりするようなことは決してありません。弁護士が果たすべき役割は、法律に関する専門知識を活かした「法律サービス」をご提供し、一人ひとりに最適な解決方法をご提案することだと考えています。ですから、何か少しでも困っていること、悩んでいることがあれば、本当に「気軽に」「遠慮なく」ご相談ください。どれだけ複雑な問題であっても、ご相談者様のお考えや価値感に共感したうえで、分かりやすいご説明を心がけ、解決までの道筋をしっかりとご提示します。

近年、情報漏えいなどのトラブルが増加していることから、コンピュータに関する国家資格(応用情報技術者)を取得して、IT関連の法律問題にも対応できるよう努めています。幅広い分野に興味・感心を持ち、様々な問題への対応力を高め、一人でも多くのご相談者様のお役に立ちたいです。

法律は、実は「あいまい」で
「人間味のあるルール」。

法律に興味を持つきっかけとなったのは、中学生の頃に「法律の入門書」というべき1冊の本を手に取ったことでした。その本には、身近な暮らしの問題と法律との関わり、法律による問題解決の方法についての解説があり、色々なルールが体系的に決められていることを知りました。ところが、本格的に法律を学んでみると、法律はイメージしていたような「論理的で完全なもの」ではなく、実は「あいまい」な部分が多いことを知りました。

暮らしやビジネスの場面で起こる問題には、2つとして同じものはありません。また、立場や状況によって、柔軟な視点や対応が求められます。だからこそ、法律は「白か黒か」「○か×か」という「デジタルなルール」ではなく、あいまいな部分を残した「人間味のあるルール」になっており、“落としどころ”を見出すことができるのです。「人間味のある法律」を扱う弁護士には、人間味があふれています。どうぞ、安心してご相談ください。

プロフィール

兵庫県弁護士会所属 68期/登録番号:53402

昭和62年 愛媛県生まれ
平成18年 愛光高校卒業
平成23年 京都大学法学部卒業
平成25年 京都大学法科大学院卒業
平成26年 新司法試験合格
平成28年 司法修習終了(新68期) 弁護士登録 当事務所入所

他の弁護士などを見る

  • まずはお電話ご予約ください。初回予約専用ダイヤル(初回のみ受付)120-7867-30
  • ホームページからの相談予約。相談予約フォームへ。(365日24時間受付)
ページトップへ まずは、お電話でご予約ください。0120-7867-30
ページトップへ 相談する