家族信託手続ナビ

家族信託(民事信託)とは?

ひと言でいうと、元気なうちに始める相続対策です。

家族信託(民事信託)というのは、相続財産の管理・運用について、家族間で取り交わされる信託契約のことです。
家族信託は比較的新しい生前対策の制度であり、従来からある遺言や成年後見制度にはない柔軟性を備えていることから、
認知症の増加など、高齢化社会の進展に伴って生じる相続問題の解決策としても注目を集めています。

相続をお考えの方の間で、家族信託を活用する方がふえてきました。この背景には、高齢化が進み、認知症患者が急増している現実があります。
財産保有者が判断能力を失った場合、現行の遺言や成年後見制度ではカバーできない問題も数多く発生しています。これを補う制度として、有望視されているのが家族信託です。
財産保有者が元気なうちに、本人の希望にかなった財産管理や承継を家族に託する契約を結ぶことーそれが、家族信託です。

家族信託は、相続や事業承継の
一つの手法に過ぎません。

家族信託への関心が高まっている理由の一つに、遺言書作成や成年後見制度よりも自由度が高いという特徴があげられます。
裁判所を通さずにすむこともあって、不動産業や金融機関など様々な業者が家族信託を取り扱うようになってきました。けれども、全てのケースにおいて家族信託がベストであるとは限りません。
私たちは、一方的に家族信託を押しつけるのではなく、ご相談者にとっての最善策は何かというところから考えて、理解を得るように務めています。

これまでの遺言制度や
成年後見制度との違い

  • 遺言書の内容は財産保有者が死亡後にしか発効できないため、作成から死亡までの間に問題が生じると、遺言書が足かせとなり財産が凍結する事態も起きかねません。
  • 成年後見では、財産管理を任される後見人が家族以外の他人であったり、ことあるごとに家裁を通す必要があったりして、こちらも制約があるのは事実です。

家族信託が万全の策というわけではありませんが、本人に判断力のあるうちから制度を利用できて、亡くなったあとも効力を維持できる点を考え合せると、これからの相続対策として検討する価値はあるといえるでしょう。

家族信託を弁護士に頼む理由とは?

合法的で安心、相続トラブルも防げる!

家族信託で解決できる
相続トラブル

いま続けている相続税対策が、自分や家族が認知症になった後で無効にならないか心配。

認知症になって遺産分割協議に参加できなくなってしまった配偶者にも相続させたい。

二次相続で、子供たちが一次相続のときよりも高い相続税を払わされることになったらかわいそう。

子や孫の教育資金や結婚資金のための暦年贈与は、自分が認知症になってからも続けられるの?

不動産を3人の子供達に共有相続させるに当り、モメないように取り決めをしておきたい。

財産は再婚した妻に遺したいが、妻の死後は前妻との間の子供に相続させたいときはどうすればいい?

障害のあるわが子の生活支援を自分の死後も安心して託せる財産管理方法を知りたい。

家族信託だけでなく、
相続•事業承継の専門性も求められる。

財産を遺す方が経営者である場合は、事業承継を視野に入れた相続対策が必要になるため、例えば、会社経営の一式を取り仕切っていたオーナーが認知症を発症して経営破綻した…などという事態を避ける手段としても家族信託は有効です。

相続問題に強く、企業法務にも長けた「みお」の弁護士が過去の実績から得たノウハウを駆使して、資産承継についても的確なサポートをご提供できる「みお綜合法律事務所」は、事務所設立から15年以上遺産相続の実績と経験を積んできました。弁護士だけでなく、司法書士、行政書士も在籍し、ワンストップの法律サービスを提供しています。

家族信託は「みお」にご相談

「家族信託“以外”」の方法を選択する可能性もあります。

相続財産の生前対策には、遺言書作成、成年後見人制度、家族信託という3つの方法があります。それぞれにメリット•デメリットがあり、家族信託を希望されていても、他の方法を選ばれたほうがトラブル防止になることもあります。
私たちは弁護士にしかできない職務権限と長年の実績・経験を発揮することで、遺言書作成、成年後見人制度と併用するなどあらゆる選択肢を考慮し、確実なサポートが可能です。
どんな場合もご相談者の立場で考えて問題解決に臨みます。

「みお」が選ばれる
5つの理由

相続問題に関する、多数の紛争案件を解決してきた
「みお綜合法律事務所」での実績を活かし、柔軟な対応で解決を目指します。

1. オーダーメイドのご提案

はじめに家族構成や相続財産内容を伺い、誰に何をどう相続・継承させたいのかを聞かせていただいた上で、ご相談者にふさわしい生前対策をご提案します。

2. 将来のリスクを想定

財産保有者の突然の死や認知症の発症など、不測の事態が起きた場合に生じる財産凍結などの問題を防ぐために、正常な判断力のある間に必要な取り決めをしておくことができます。

3. 成年後見制度にも精通

認知症などで判断力が低下してしまった方の財産保護には、成年後見制度の利用が考えられます。裁判所を通す必要がありますが、弁護士の在籍する当所であれば、申立てから後見人の選定まで、おまかせいただけます。

4. 女性弁護士も在籍

みおには相続問題に通じた女性弁護士がいます。複雑な家庭の事情を打明けるには、同性同士のほうがいいと望まれるには、女性弁護士がご相談にあたります。ご相談者のお気持ちを汲み取って適切な方法をご呈示します。

5. 豊富なセミナー・講演実績

いきなり法律事務所を訪問することに抵抗のあるという方には、みおが積極的に開催しているセミナーや講演への参加をおすすめします。多くの方が、これらへの参加を経て気軽に相談に来られています。

無料相談にお越しください

弁護士とパラリーガルの2人体制で、お客様お一人おひとりの状況を整理し、
ご希望をお伺いした上で、ご家族の生涯設計を見据えた家族信託のご提案いたします。
・初回相談無料
・信託財産に応じた弁護士費用

初回相談でわかること

トラブルになりそうなリスク

ご家族構成や関係性をよくお聴きし、あなたの場合に遺産相続でどのような問題が起きる可能性があるか、弁護士の視点でお伝えいたします。

家族信託で解決できること

信託のメリット・デメリットを踏まえて、あなたのご家族の場合に、信託で解決または回避できるトラブルをお伝えいたします。

解決方法のご提案

全ての財産を信託する必要はありません。様々な法的なリスクを考慮しながら、遺言や後見制度を交えてご提案いたします。

概算費用とスケジュール

解決方針と所有される財産総額から費用を概算し、手続き内容やご相談に応じてスケジュールをご提示いたします。

家族信託の具体的な内容

信託の種類や法的な解釈やメリット・デメリットについて、法律用語をかみくだいてご説明いたします。

解決後の進め方

ご本人またはご家族のご要望に応じて、当事務所の弁護士が後見人や遺言執行者として、サポートいたします。

家族信託の手続き費用

「弁護士費用は、高い」と思っていませんか?

遺言書の作成や保管、遺言執行等の費用ですが、銀行や信託銀行と比較した場合、意外に高くないと思われるのではないでしょうか。 はじめから弁護士が携わっていることで、万一の法的なトラブルが起きても安心というメリットもあります。「みお綜合法律事務所」のコストパフォーマンスにご注目ください。

※事案によって料金が加算することがあります。事前にお見積もりいたしますので、ご安心ください。

信託財産の金額に応じて、下記のパーセンテージで計算します。
信託財産が2億円の場合は、「1億円×1%+1億円×0.5%」になります。

信託財産の評価額
手続き費用(税別)
1,500万円以下 30万円〜
1,500万円〜5,000万円 +1.5%
5,000万円〜1億円 +1%
1億円〜3億円 +0.5%
3億円~5億円 +0.3%
5億円~10億円 +0.2%
10億円超 +0.1%
みお綜合法律事務所 大手『銀行』Aの
遺言信託サービス
大手『信託銀行』Bの
遺言信託サービス
遺言書の作成
(税別)
15万円~ 20万円 30万円~
遺言書の保管
(税別)
年間5,000円 ※ 年間6,000円 年間1万円
遺言書の執行
(税別)
30万円~ 150万円 100万円~

費用の中には以下が含まれています。

  • 初回面談での
    聞き取り調査
  • 不動産を含む
    財産の評価
  • 相続税対策の
    ご提案
  • 家族信託契約の
    基本プラン作成

みお綜合法律事務所のご紹介

私たちが心がけていること。
みお綜合法律事務所では、
ご相談者様のお話をよくお聞きすることを、
とても大切にしています。
その中で、家族信託ありきではなく、
必要な対策を積極的にご提案させていただきます。
1

身近で便利な存在になること。

約40年ぶりに相続法が変わりました。知らないと損をしたり、法律違反になってしまったり…というトラブルも生じかねません。家族信託のように従来の相続法の枠にはまらない制度も登場しています。

相続についてきちんと知りたいのに、どこにどんな風に相談すればいいのかわからないとお考えなら、まず、「弁護士法人みお綜合法律事務所」までお電話ください。

相続に関する法律相談から相続税対策まで、それぞれの分野に強い弁護士が親身に相談をお伺いし、専門的なこともわかりやすくご説明します。気になる費用についても明快に提示し、事前に納得が得られるまでご説明します。

2

お気持ちに寄り添うこと。

相続には、相談される方の人生の事情が複雑にからみます。「弁護士法人みお綜合法律事務所」はそれぞれ違う、遺す側の方の思いや、遺される側の気持ちを理解することから始めます。その上で法律に沿って問題解決を図る方法を、過去の多くの成功事例も参考にしながら検討します。

私たち「みお」の弁護士は、どんな困難な状況であっても、相談者を見捨てるようなことはしません。依頼者様のお気持ちに寄り添い、味方として最善を尽くします。

3

もっと耳を傾けること。

「弁護士法人みお綜合法律事務所」は平成14年の設立以来、大阪・京都・神戸にそれぞれ事務所を設け、年間に3,000件を超えるご相談を承ってきました。時代と共にご相談内容も変わり、私たちに求められるサービスの質も変わりつつあります。

団塊の世代が高齢化するこれからは、相続問題がかつてないほどふえると思われます。私たちは“争族”になることを避けるために、小さな声に耳を傾けながらサービスの幅を広げ、質を高めるための努力を怠りなく続けて行こうと考えています。

弁護士のご紹介

みお綜合法律事務所の弁護士をご紹介します。
弁護士 伊藤 勝彦 (いとう かつひこ)
認知症から相続対策まで幅広く、
ご家族それぞれの
お悩みに合わせて
オーダーメイドできる「家族信託」。

財産管理や相続についてのお悩みは、抱えている方によってまったく異なります。問題解決の方法もそれぞれです。これまでの遺言制度や後見人制度では限界のあったご希望もこれからは実現できるかもしれません。
「家族信託」は一人ひとりが抱えている事情に合わせて、認知症対策から相続対策、財産管理などについて、オーダーメイドで内容を組むことができる制度です。
実際に「家族信託」で何ができるのかをご紹介しながら、ご自身が抱えているお悩みや将来の懸念事項を解消するためにはどう活用すればいいのかをアドバイスさせていただきます。いざというときに後悔しないために、家族みんなで「やっておいて良かったね」と思える仕組みづくりのお手伝いをさせていただきます。

弁護士 小川 弘恵 (おがわ ひろえ)
様々な相続紛争を解決してきた
強い弁護士だからこそ、 トラブルを未然に防いで、
後々まで安心できる
「家族信託」を設計できます。

「家族信託」はご家族の大切な財産について、生前の管理や運用、死後の分配や使いみちを柔軟に決めることができる制度です。
これまでの制度では本人が認知症などになってしまったら、その財産は家族であっても動かすことができませんでしたが、元気なうちに家族信託を組んでおけば管理だけでなく運用や売却も可能になります。
自由度が高いことが魅力な反面、トラブルになる可能性もあるため、様々な相続問題にまつわる紛争を解決してきた経験豊富な弁護士が手続きから監督までしっかりサポートします。

弁護士 大畑 亮祐 (おおはた りょうすけ)
将来の希望をうかがいながら
よりよい信託プランを練り、
手続きから監督までをサポート。

相続対策をしたい、事業承継をしたいというときには、これまで遺言制度などで対応してきましたが、遺言ではカバーしきれなかったご要望に応えられるのが「家族信託」です。
生前対策と死後対策両方を組み合わせたり、二世代に渡っての財産承継も可能であるため、新しい財産管理と相続対策の方法として注目されています。
これまでの制度に比べて柔軟な内容で組めるため、ご依頼者の方の将来のご希望をうかがいながら、プランをご提案させていただきます。

弁護士 北名 剛 (きたみょう つよし)
高い柔軟性で期待される制度。
弁護士に相談することで、
トラブルのない家族信託を。

遺産分割の争いに関わるなかで、ご遺族同士が5年10年かけて争う姿も見てきました。 そうならないために、これまでは後見制度や遺言制度が利用されてきましたが、より柔軟な方法で財産管理をしたいと望まれる方にお応えできる方法が「家族信託」です。 元気なうちから認知症に備えることもでき、死後の財産の処分方法や分割方法についてもご家族で設計することができます。弁護士にご相談いただくことで、ご要望に沿ったプランをご提案させていただきます。

事務所案内

大阪梅田・京都駅前・神戸(三宮)、お近くの事務所でご相談いただけます。
大阪事務所
  • 〒530-8501 大阪市北区梅田3丁目1番3号ノースゲートビルオフィスタワー14階
  • TEL:06-6348-3055
    FAX:06-6348-3056
  • 執務時間
    月~金曜日/9:00~20:00
    土曜日/9:00~18:00
京都駅前事務所
  • 〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸通七条下ル東塩小路町735-1 京阪京都ビル4階
  • TEL:075-353-9901
    FAX:075-353-9911
  • 執務時間
    月~土曜日/9:30~18:00
神戸支店
  • 〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 井門三宮ビル10階
  • TEL:078-242-3041
    FAX:078-242-3042
  • 執務時間
    月~金曜日/9:30~18:00

私たちはいつでも あなたの味方になります

「家族信託」の相談のしやすさ、
問題解決力で選ぶなら
大阪・京都・神戸の「弁護士法人みお綜合法律事務所」にご相談ください。

お電話からのご相談予約

0120-7867-30

ホームページからのご相談予約

24時間・365日受付