相続の「法律」から「もめポイント」まで具体的な事例をひいて立体的に解説

ネットではわからない相続問題の片づけ方 澤田有紀著/主婦の友社(ネットではわからないシリーズ)定価1,000円(税別)

始まってみなければわからない、でも、始まってからでは遅いのが相続トラブルの厳しさです。 本書は、ネットで調べるだけでは掴みきれない、相続の実際や知っておきたいルール、注意点、さらに、おひとりさまの相続や、2019年以降に予定されている相続に関する民放改正までを、できるだけ難しい言葉を使わず、具体的に解説。Q&A形式が基本ですから、今気になっているタイトルから読みはじめていただくこともできます。

まずは第1章で、ワイドショーの再現ドラマを見るようなトラブル実例のあれこれに、驚いたり納得したり。「なにわの主婦弁」こと澤田有紀弁護士のスパッと切れ味のいい解説で、相続問題の複雑さや法律の厳しさをしっかり実感できます。 これはうかうかしてられないと思った読者に用意されているのが、第2章の「相続手続、とにかくわかりやすく教えて!」。法律用語の解説はもちろん、相談先、困った時の具体的な解決方法、納得できない場合の対処法などが、実にわかりやすく紹介されています。 そして第3章では気になる不動産と税金についての注意点、第4章ではもめごとを起こさせないための遺言書の書き方ポイント、第5章では遺産を残す親として、事前にできるトラブル回避の方法をアドバイス。

これだけ盛りだくさんの内容ながら、飾らない語り口に導かれて、最後まで読んでしまいます。 各章ごとに挿入されたメッセージコラムも、著者の豊富な弁護士経験や人柄がしのばれる読み物としてもおすすめです。
 
著者のご紹介
遺言作成・遺産相続などの高齢者問題に真摯に向き合う弁護士・澤田有紀のプロフィール。

弁護士法人みお代表/弁護士。
大阪大学文学部英文学科卒業後、商社勤務、「エレクトーン」トレーナーを経て結婚。専業主婦となるが、1995年、阪神大震災を経験し、「もう一度社会に出て人の役に立ちたい」と弁護士になることを決意。97年、司法試験に受験1回目で合格。2000年4月弁護士登録。02年、現事務所を設立し、現在に至る。主婦から弁護士となった「主婦弁」として、法律をわかりやすく伝え、苦しむ人の力になることをミッションとする。

「立ち読み」してみる

「当然のように長男が全財産を相続」「自宅以外に財産はないのに、嫁と孫に売却を迫られた」「莫大な借金が発覚」「義父の介護をした嫁に1円も入らない?」「ハンコは最後の砦!?」 「不動産と相続税」「おひとりさま相続」等々、相続でいまもめている最中の方、近い将来相続問題に直面しそうだと心配している方、遺言書を書こうかと検討中の方に役に立つ、実例や法律知識、解決へのアドバイスがぎっしり。平易な語り口で気軽に読めて、しっかり役に立つ1冊です。

ネットではわからない相続問題の片づけ方「立ち読み」用PDF

関連サイトのご紹介

主婦弁 澤田有紀のほぐすら日記
本書の著者“主婦弁”澤田有紀弁護士が綴るブログです。
澤田有紀弁護士のプロフィール
澤田有紀弁護士のインタビュー動画もご覧になれます。
弁護士法人 みお綜合法律事務所
澤田有紀弁護士が代表を務める法律事務所のご紹介です。
債務整理ネット
借金トラブルの解決策、債務整理の手続きをご紹介します。
過払い金ナビ
払い過ぎた利息を取り戻す「過払い金請求」の手続きをご紹介します。
そこが知りたい!住宅ローン破綻 大阪・関西版
住宅ローン破綻の実情から具体的な対策をご紹介します。