まずは、お電話でご予約ください。0120-7867-30 MENU
PAGE

弁護士相談のメリット

弁護士相談のメリット

早わかり!「みお」の弁護士相談・法律サービス

「B型肝炎給付金請求」編

B型肝炎給付金請求の手続きで、弁護士はどんなサポートをしてくれるの?

事例で解説

B型肝炎給付金請求の手続きをしたBさん

サポートと交渉(裁判)代行のおかげで、給付金を受け取れた。
B型肝炎給付金請求の解決事例:
Bさん(50代・女性)

相談のきっかけは?

30代の頃に受けた
血液検査の結果を思い出した。
主婦のBさん(50代・女性)は、30代の頃に受けた血液検査で、「B型肝炎ウイルスのキャリア」であることを指摘されていました。ある日、「B型肝炎給付金請求」の手続きに関するテレビCMを見て、「私も給付金支給の対象では?」と気が付きました。

「みお」の無料説明会に参加

難しい手続きの流れや、
必要な費用が分かりました。
B型肝炎給付金請求という国の救済制度があることを知ったBさんは、インターネットなどで情報収集をしてみました。制度の概要や給付金の金額など、基本的なことは理解できましたが、具体的な手続きについては、専門家の詳しい説明を聞きたいと考え、「みお」の無料説明会に参加することにしました。
無料説明会では、これまでに2,000件以上の相談実績と、約1,000件もの手続きをサポートしてきた「みお」の弁護士から、給付金制度の概要から手続きの流れ、手続きに必要な資料とその収集方法などについて、わかりやすい説明を受けることができました。心配していた弁護士費用についても、着手金無料で、給付金の実質4%を後払いできると知り、手続きを進めることに決めました。

弁護士の無料相談を利用

弁護士のカルテの精査により、
B型肝炎にかかっていた事実を知りました。
無料相談会への参加で、B型肝炎給付金請求の手続きを進めることにしたBさんでしたが、「やはり、自分だけで進めるのは難しい」「弁護士のサポートを受けるほうが安心」と感じ、「みお」の弁護士に手続きの代行を依頼しました。早速Bさんは、「みお」の弁護士のアドバイスを受けるとともに、病院への依頼書を用意してもらい、血液検査を受けたり、過去に入通院していた病院からカルテを取り寄せたりしました。
「みお」の弁護士は、Bさんが収集した血液検査の結果やカルテの内容を精査したところ、直近1年のカルテに「18年前の健康診断で肝機能障害を指摘。慢性B型肝炎で入院」という記載を発見しました。弁護士は直ちに、Bさんが入院していた病院に診断書を作成してもらい、その他の必要資料も揃えて、国との和解交渉(裁判)に臨みました。

国との和解・給付金の受取り

国との和解交渉も無事に終了。
給付金を受け取り、生活が充実しました。
弁護士が国との和解交渉(裁判)を代行した結果、Bさんは慢性B型肝炎(発症後20年未満)の給付額1,250万円を受け取られ、過去の入通院にかかった費用を取り戻し、さらに、今後の生活を充実させることができました。
Bさんは肝臓の病気で入院したことは覚えていましたが、ご自身が慢性B型肝炎を発症していた事実をご存知ではありませんでした。Bさんのことを心配したご家族が、具体的な病名をBさんに伝えていなかったためです。
また、Bさんはキャリアであったことはご存知だったため、ご自身で手続きを進めていた場合は、無症候性キャリアとして、50万円の請求をされたと思われます。しかし、「みお」の弁護士がしっかりとカルテの取り寄せ、内容の精査といったサポートを実施したことで、Bさんは見込んでいた給付額の約25倍となる、1,250万円の給付金を受け取ることができました。

Bさんは実感しました。

難しい手続きは、弁護士に任せるのが正解。

弁護士に頼んでいなければ・・・
弁護士に頼んでいなければ・・・
相談して良かったBさん
相談してよかったAさん

B型肝炎給付金請求における
「みお」の弁護士ならではの役割

ご自身で手続きされる場合
専門的な内容、煩雑な手続きが重なり、
諦めてしまうことも…
ご自身で交渉される場合

その差を実感いただけるはず!!

「みお」に依頼した場合
収集が必要な資料も明快に。
国との交渉(裁判)は「みお」が担当。
「みお」に依頼した場合

B型肝炎給付金請求の手続きには、カルテや戸籍などの資料、血液検査の結果などのたくさんの資料が必要となり、資料の収集だけでも相当な労力を必要とします。また、資料を収集した後も、裁判所へ出廷して国との和解交渉(裁判)をまとめる必要があります。「みお」の弁護士にご相談いただければ、お話をしっかりと伺ったうえで、適切なアドバイスとサポートを提供し、国との和解交渉(裁判)も代行し、確実な給付金の受取りを実現します。

難しい手続きも、
安心してご相談ください

B型肝炎給付金請求の手続きは、一人ひとりの症状や状況によって、収集する資料や必要となる検査などが異なります。また、必要な資料や検査について、「どの病院・役所へ行けば良いのか?」「どのように依頼や説明をすれば良いのか?」といったことも変わってきます。さらに、国との和解交渉(裁判)では、裁判所への出廷のほか、医療に関する専門的な内容についての質問をされることもあるなど、スムーズに手続きを進めることは難しくなります。「みお」の弁護士は、高度な医学的知識が必要となる交通事故問題を、被害者専門の立場で数多く取り扱ってきた実績があり、弁護士はたしかな医学的知識を蓄積しています。また、B型肝炎給付金請求の手続きも、これまでに約2,000件以上となっており、制度や手続きに精通していますので、どうぞ安心してご相談ください。

B型肝炎の給付金請求は、
お気軽にご相談ください
ご相談は何度でも無料ですので、安心してご相談ください。
定期的にB型肝炎給付金請求に関する無料説明会を関西を中心に行っていますので、少しでも「もしかしたら」と思っている方は、ご参加ください。弁護士費用は給付金がおりなければかからず、給付金を受け取れた場合も後払いで半額は国から支給されます。
B型肝炎給付金請求に関して「みお」の取組はこちら

マンガで分かる!B型肝炎給付金制度 あなたにも請求できる可能性があります。早めの請求で早く生活の安心を! マンガで分かる!B型肝炎給付金制度 あなたにも請求できる可能性があります。早めの請求で早く生活の安心を!

  • まずはお電話ご予約ください。初回予約専用ダイヤル(初回のみ受付)120-7867-30
  • ホームページからの相談予約。相談予約フォームへ。(365日24時間受付)
ページトップへ まずは、お電話でご予約ください。0120-7867-30
ページトップへ 相談する