まずは、お電話でご予約ください。0120-7867-30 MENU
PAGE

労務トラブル

取扱分野

労務トラブル

取扱分野一覧へ

労務トラブル

このようなことが起きたらどうしますか?

  • 従業員がうつになって無断欠勤を繰り返している
  • 従業員が職場で突然倒れてしまい、家族から「労災」と言われている
  • 上司からハラスメントの被害に遭っていると申告があった
  • 管理職の従業員から残業代を請求された
  • 従業員の代理人弁護士からいきなり内容証明郵便が届いた

答えは、迷わず「労務分野に詳しい弁護士」
に相談することです

従業員と労務トラブルが起きた際、「社内のことは社内で解決したい」「費用がかかるから弁護士には頼みたくない」と思われるかもしれません。しかし、それは間違いです。なぜなら、従業員と労務トラブルが起きた際に、弁護士のアドバイスを踏まえた適切な初期対応を怠れば、瞬く間に紛争の火種が大きくなってしまうからです。

従業員との紛争の火種が大きくなり、訴訟に発展してしまえば、解決までに多大なお金と時間がかかります。ですから、従業員と労務トラブルが起きた際にすぐに「労務分野に詳しい弁護士」のアドバイスを受けることは、コストの観点からも望ましいことです。

当事務所のサービスの強み

豊富な実績
労働者側・使用者側の双方の労務トラブルに取り組んできた実績があります

当事務所には、これまで、労働者側、使用者側の双方の立場から、様々な労務トラブルを解決してきた実績があります。だからこそ、双方の立場や考え方をきちんと理解し、労務トラブルに対してどのような初期対応を行うべきかについて、ノウハウを持っています。

当事務所の弁護士が、初期対応のアドバイスから、従業員とのその後の交渉まで、早期解決に向けて迅速かつ的確に対応いたします。

トラブル対応
万が一の訴訟対応もお任せください

従業員とどうしても折り合いがつかず、訴えられてしまった場合にも、当事務所にお任せください。企業にとって、従業員と争うことがすべてではありません。なぜなら、むやみに従業員と争いを続けることは、企業の社会的信用の低下を招き、多大なお金と時間を費やす結果になるからです。

当事務所の弁護士は、「折り合うべきところは折り合う」「争うべきところは争う」のスタンスで、多角的に企業の利益を追求いたします。

予防法務
再発防止策もお任せください

当事務所は、従業員との労務トラブルが起きてしまった企業様に向けて、再発防止策のご提案をしています。従業員の意識改革のための社内研修の実施、就業規則の見直し、働き方改革のための制度づくりのサポートなど、多角的なサービスによって、「労務トラブルゼロ」を目指します。

従業員教育
労務トラブルを予防する社内研修もお任せください

当事務所の弁護士は、顧問先企業や社会保険労務士の方を対象にしたセミナーを定期的に開催し、ご好評をいただいています。日頃のセミナーで培ったノウハウを活かし、社内研修のご依頼もお受けしています。最近社内で問題になった事例や、今後取り組みたい働きやすい職場づくりについて、詳細にご意向をうかがったうえで、企業様ごとにカスタマイズして、充実した社内研修を実現します。

労務トラブルの解決・対策を検討されている企業様には、
「顧問契約」をおすすめします。

情報漏えいをめぐる法的紛争は、いつ起きるか全く予想できません。情報漏えいなどの事故が起きた際に、すぐに的確なアドバイスを受けて、紛争の火種が大きくなってしまうことを防ぐためには、「身近な弁護士」の存在が不可欠です。

従業員との労務トラブルは、いつ起きるか全く予想できません。いざというときに、すぐに的確なアドバイスを受けて、紛争の火種が大きくなってしまうことを防ぐためには、「身近な弁護士」の存在が不可欠です。

当事務所と顧問契約をいただければ、「もしも」のときに、「すぐ」に、労務分野に詳しい弁護士に相談することができます。当事務所では、お電話・メール・チャットワークといった様々な相談方法をご用意しております。当事務所の弁護士が、いざというときに、迅速・的確に、必要な初期対応のアドバイスをいたします。

  • まずはお電話ご予約ください。初回予約専用ダイヤル(初回のみ受付)06-6348-3055
  • ホームページからの相談予約。相談予約フォームへ。(365日24時間受付)
ページトップへ まずは、お電話でご予約ください。0120-7867-30