まずは、お電話でご予約ください。0120-7867-30 MENU
PAGE

アスベスト(石綿)被害賠償金請求

取扱分野

アスベスト(石綿)被害賠償金請求

取扱分野一覧へ

みおのアスベスト(石綿)被害賠償金請求

  • ①昭和33年 5月26日~昭和46年4月28日の間
     アスベスト(石綿)を扱う工場内で働いていた。(注1)
  • ②アスベストが原因の健康被害を被った。(注2)

①と②に該当する方・ご遺族に、最高1300万円の
和解金を支払う方針が決定されました。

(注1)局所排気装置を設置すべき石綿工場内で、石綿粉じんにさらされる作業に従事していた。
(注2)「石綿肺」「肺がん」「中皮腫」「びまん性胸膜肥厚」の4つの指定疾患。

既に

労災保険を受給している

会社から見舞金が支給された

方も、それとは別に支払われます。

詳しい手続などは、「みお」へお問合せください。

提訴の時期が損害賠償請求権の期間内であることが必要ですが、
期間内であるかどうかについてはこちらで確認いたします。

無料電話相談 0120-7867-30 相談は何度でも無料です。お気軽にお電話ください。


「アスベスト(石綿)国家賠償金請求」の制度をご存知ですか?

大阪・泉南地区のアスベスト(石綿)工場の元労働者の方やご遺族が、アスベストによる健康被害を被ったのは、適切な規制をしなかった国の責任だとして、損害賠償を求める裁判を起こされました。(大阪泉南アスベスト訴訟)

その結果
国の責任が認められ、一定の要件を満たすことが確認されれば、賠償金が支払われることになりました。

裁判上の和解で
賠償金が受け取れます。

アスベスト(石綿)訴訟の和解手続

裁判には、所定の証拠書類と、国に対する賠償金請求の訴状などを裁判所に提出する、請求手続きが必要です。

賠償金額は、病気の種類や
病状によって異なります。
最大1,300万円(死亡時)

アスベスト(石綿)による健康被害とは?

アスベスト(石綿)は、直径が毛髪の5千分の1という極細の自然の鉱物繊維で、建材、ブレーキ部品、断熱材などに広く使われていました。吸い込むことによって、様々な病気を発症します。
そのうちの4つが、賠償金支払いの指定疾患とされていますが、潜伏期間が10年~40年と非常に長く、過去の石綿の影響の証明が困難な場合もあり、診断には、専門的な医学的知識が要求されます。

石綿を原因とする「4つの指定疾患」と基準額

石綿肺 550〜1150万円
肺がん 1150万円
中皮腫 1150万円
びまん性胸膜肥厚 1150万円
上記疾患による死亡 1200〜1300万円

※石綿肺の場合は,「じん肺管理区分2」以上の方が対象です。
※すでに企業から見舞金を受け取っておられる場合は、上記金額から減額となる場合があります。


詳しい病状については”石綿関連疾患について”をご覧ください。

アスベスト(石綿)国家賠償金請求は
「みお」にご相談ください!

必要書類の収集は
「みお」がサポートします。

賠償金請求の指定疾患は、潜伏期間が非常に長いため、証明に必要な書類の収集が困難な場合がありますが、「みお」がしっかりサポートします。

必要書類とは

日本年金機構発行の「被保険者記録照会回答票」、都道府県労働局長発行の「じん肺管理区分決定通知書」、労働基準監督署長発行の「労災保険給付支給決定通知書」、医師の発行する「診断書」。ご遺族の場合は、身分関係がわかる「戸籍謄本」や、生計を同じくしていたことを証明する書類が必要な場合があります。

訴状の作成や裁判所への出頭は「みお」が代行します。

原則としてご本人が出頭する必要はありません。

安心・納得の「3つのサポート」

Support1

医学的知識や経験

高度な医学的知識を必要とする、交通事故やB型肝炎給付金請求の問題を多数解決してきた「みお」の弁護士がお手伝いします。

Support2

スタッフ担当制

ご依頼後は担当弁護士のほか、担当事務局のスタッフも同時に配置して、確実・丁寧なサポートを行います。

Support3

安心の費用体系

相談料と調査費用は全て無料。成功報酬制(和解金受領額の15%)。和解金を受領された場合のみ、弁護士費用をいただきます。訴訟の印紙代・予納郵券などの実費も「みお」が立て替え。


この制度の対象にならない方・ご遺族への、
アスベスト(石綿)による健康被害の救済制度があります!

石綿健康被害救済給付制度
石綿(アスベスト)による健康被害の迅速な救済を図るため、石綿による健康被害を受けた方・ご遺族に、医療費等の救済給付を支給する「石綿による健康被害の救済に関する法律 (石綿健康被害救済制度)」が平成18年3月27日に施行されました。
対象
  • 労災保険などの補償が受けられなかった方
  • 当該工場の近隣住民の方
  • 対象者のご家族(持ち帰った作業着等に付着した石綿粉じんにばく露など)
    など

アスベストによる病気は、潜伏期間が10~40年と非常に長いため、証明が困難な場合が多々ありますが、「みお」の調査力で、必要書類の収集を強力にサポートします。

ご相談から解決までの流れ

point1

相談料 無料

制度の仕組み、受け取りまでのスケジュール、具体的な手続、賠償該当者の可能性、費用などを詳しくご説明します。ご依頼いただくかどうかを、その場で決めていただく必要はありません。

point2

必要な書類の収集

ご依頼者様
該当者であることを証明するのに必要な基本的な資料の収集をお願いします。
みおのサポート
個人では収集が難しい書類に関しては、「みお」が調査してサポートします。

請求に必要な書類はこちら

point3

裁判手続き

みおのサポート
みおに全面的にお任せください。

アスベスト(石綿)国家賠償金請求に置ける訴訟とは?

point4

和解成立

和解条件を満たしていることが確認されると
病状に応じた和解が成立し、和解金が支払われます。

賠償金振込

あなたは該当者?

アスベスト(石綿)国家賠償金を請求できるかどうか、
簡単にチェックしてみてください。

昭和33年 5月26日~昭和46年4月28日の間、アスベスト(石綿)を扱う工場内で働いておられましたか?
またはご家族が働いておられませんでしたか?

その方は、下記のいずれかの病気の診断を受けましたか?または、息切れや胸の痛みなどの症状はありませんか?
または、下記のいずれかの病気で亡くなられていませんか?

①肺がん ②中皮脂 ③石綿肺 ③びまん性胸膜肥厚

2つ共当てはまれば、「みお」にご相談ください!

無料電話相談 0120-7867-30 相談は何度でも無料です。お気軽にお電話ください。


  • まずはお電話ご予約ください。初回予約専用ダイヤル(初回のみ受付)120-7867-30
  • ホームページからの相談予約。相談予約フォームへ。(365日24時間受付)
ページトップへ まずは、お電話でご予約ください。0120-7867-30
ページトップへ 相談する