まずは、お電話でご予約ください。0120-7867-30 MENU
PAGE

「みお」の情報発信

「みお」の情報発信

暮らしに役立つ 法律情報

「暮らしに役立つ法律情報」は、過去に配信していたメールマガジンの内容です。
最新の情報とは異なる場合があります。予めご了承ください。

知っておきたい問題
遺言・相続のご相談が急増中! 〜その1〜

高齢化社会が本格化するなかで、遺産相続の悩みを抱える方が
とても多くなっています。私たちの事務所にも、
「遺言書の書き方を教えて欲しい」「相続トラブルを抱えている」
といったご相談者が数多くいらっしゃいます。

今回からしばらく、ご相談の多い遺産相続の問題について、
お話しをさせていただきたいと思います。

遺産相続とは、必ずしも、マイホームや土地、預貯金などの
「プラスの財産」だけを受け継ぐのではありません。
「マイナスの財産」、つまり「借金」も相続することになります。

例えば、「夫が借金を返済できないまま亡くなってしまった」
というような場合、その借金は妻や子どもなどが相続します。
したがって、何の手続きもせず、そのままにしておくと、
妻や子どもに借金の督促がやってきてしまいます。

そのような困った状況を招かないためには、相続する際に、
プラスの財産だけでなく、「マイナスの財産がないか?」を
よく調べることが大切です。もし、マイナスの財産が見つかったら、
プラスとマイナス、どちらが多いのかを確かめてみましょう。

もしもマイナスの財産が明らかに多く、
「相続をしたくない」という結論に至った場合には、
ご自身が相続人になったことが判明してから3ヶ月以内に
家庭裁判所に出向いて、「相続放棄」の手続きをとる必要があります。

相続をする際に、借金があることが分からなかったとしても、
そのまま返済をしなければ、一般的に1~2ヶ月くらいで
「督促状」がやってきますので、借金の有無が分かるはずです。

しかしながら、必ず1~2ヶ月で督促状が届くとは限りません。
それでも、相続放棄の手続きは3ヶ月以内にしなければなりません。
困ったことが起こらないよう、しっかりと調べておきたい場合は、
3ヶ月以内に「相続についての決定を、あと3ヶ月待って欲しい」
という手続きを行う必要があります。
この手続きを「相続放棄のための申述期間延長」といいます。

もし、3ヶ月以内に、申述期間延長の手続きをしていなかった場合は、
自動的に「相続をした」とみなされます。そしてもう一つ、
注意しないといけないのは、それらの手続きをしないままに、
被相続人名義の預貯金などを、相続人名義に書き換えてしまった場合、
同じように「相続をした」とみなされます。

マイナスの財産があるかどうかをしっかり調べないうちに、
名義変更などをすることは大きなリスクがありますので、
十分に注意しておきましょう。

複数の相続人が存在する場合、相続をしたい人と、
相続をしたくない人に分かれるかもしれません。
その場合は、それぞれの意思にしたがって手続きを進めることができます。
必ずしも相続人全員の意思を統一する必要はありません。
相続放棄をしたいという人がいた場合、その人の相続分は、
その他の相続人の相続分にプラスされることになります。

もう一つ、覚えておいて欲しい相続の手続きが「限定相続」です。
これは「プラスの財産の範囲でしか相続しません」という手続きです。

このような手続きの方法があれば、誰もが最初から
この手続きを選択すると思いますが、手続きの方法が少し複雑です。
限定相続の場合は、相続人全員が同時に手続きをする必要があります。
複数の相続人のうちの一人が「私だけ限定相続したい」
ということはできないのです。


  • まずはお電話ご予約ください。初回予約専用ダイヤル(初回のみ受付)120-7867-30
  • ホームページからの相談予約。相談予約フォームへ。(365日24時間受付)
ページトップへ まずは、お電話でご予約ください。0120-7867-30
ページトップへ 電話する