まずは、お電話でご予約ください。0120-7867-30 MENU
PAGE

「みお」の情報発信

「みお」の情報発信

暮らしに役立つ 法律情報

「暮らしに役立つ法律情報」は、過去に配信していたメールマガジンの内容です。
最新の情報とは異なる場合があります。予めご了承ください。

旅行のトラブルを防ぐ
楽しい思い出づくりのために 〜その2〜

先週に引き続き、旅行に関するトラブルについてのお話です。

たとえば、楽しい思い出を残すはずの旅行先で、盗難や事故といった
予期せぬトラブルに遭遇した場合、どうすればよいのでしょうか。

そういったトラブルを事前に見越して、旅行保険などに加入する方も
いらっしゃると思います。旅行会社が主催する旅行ですと、
旅行の最中に事故に遭遇したり、荷物に何らかの損害を被った場合、
一定額の「特別補償」というものが利用できるようになっています。
最悪の事態が発生し、死亡してしまったという場合には、
2500万円の特別補償を受けることができます。

ただし、この特別補償に関しては「フリータイムは除く」などの
条件が定められていることが多いので、事前に確認しておきましょう。
病気などの不安までもカバーしようということであれば、
やはり、旅行保険に加入されることをお勧めします。

旅行代金をクレジットカードで支払った場合には、
旅行保険のサービスを受けられることもありますので、
ご自身のクレジットカードにそのようなサービスが付帯されているかを
確認してみると良いでしょう。

旅行のトラブルで多いのが、キャンセル料に関するトラブルです。
広告などを見て、電話などで旅行の「予約」をしたとします。
ところが、都合が良くなかったことを思い出したため、
泣く泣く予約をキャンセルすることになってしまいました...。

その時点では、申し込み金や旅行代金を支払っておらず、
順番や席を確保するための「予約」をしただけの状態ですので、
キャンセルをしてもキャンセル料は発生しません。

また、国内旅行の場合に多いのが、旅行会社などを通さずに、
ホテルや旅館、交通機関などを申し込むというケースです。

そのような場合に、電話などで問い合わせを行った際に、
「○月○日までにお支払いがないと、キャンセル料が発生します」
といったことを伝えられていない限り、たとえ旅行当日にキャンセルしても、
キャンセル料は発生しないことになっています。

国土交通省が定める標準約款によると、前々日までのキャンセルであれば、
キャンセル料はかかりません。前日のキャンセルであれば20%、
当日のキャンセルであれば全額を支払うこととなっています。
ただし、ホテルや旅行会社が独自に定めるキャンセル料がある場合は、
それに従うことになります。

稀なケースですが、「予約」の電話をしただけで、申し込み金や
旅行代金の支払いをしないままに月日が流れていき、
旅行当日に集合場所に到着してからようやく...

「申し込みを受け付けておりません」

と言われたという信じられないトラブルもあるようです。
「予約」と「申し込み」では重みが全く違ってきますので、
そこを理解しておけば、ある程度のトラブルは防げそうです。

これから旅行に出かける方は、トラブルへの備えも万全にして、
楽しい思い出を作ってくださいね。


  • まずはお電話ご予約ください。初回予約専用ダイヤル(初回のみ受付)120-7867-30
  • ホームページからの相談予約。相談予約フォームへ。(365日24時間受付)
ページトップへ まずは、お電話でご予約ください。0120-7867-30
ページトップへ 電話する