まずは、お電話でご予約ください。0120-7867-30 MENU
PAGE

「みお」の情報発信

「みお」の情報発信

暮らしに役立つ 法律情報

「暮らしに役立つ法律情報」は、過去に配信していたメールマガジンの内容です。
最新の情報とは異なる場合があります。予めご了承ください。


ご存知ですか?意外と知らない自動車保険の注意点 〜その2〜

先週から「意外と知らない自動車保険の注意点」と題して、
自動車保険に関するお話しをさせていただいています。
「自動車に乗っていないから...」という方でも、
自動車を運転される身近な方にお話ししていただけると幸いです。

唐突ですが、自動車保険に加入されている皆さんに質問です。
そもそも、自動車保険は何のために加入するものなのでしょうか?

万が一、運転中に事故を起こしてしまったとき、
被害者への賠償をしなければならない責任を負うことになります。
自分の不注意で、他人に怪我をさせてしまったといった場合に、
自分に代わって賠償をしてくれる(お金を払ってくれる)のが
自動車保険の一つの大きな役割です。

そしてもう一つ、自分が事故に遭ってしまった際に、
自分が被ったの損害をカバーしてくれるという役割もあります。

一般的な自動車の保険には、自賠責保険と任意保険の2種類があります。
自賠責保険は自動車の購入と当時に、強制的に加入することになります。
これは国による保険の制度で、最低限の補償内容となっています。

自賠責保険の補償ですが、人身事故の場合に限られます。
物損事故は補償の対象にはなりません。
怪我や死亡した場合にのみ、自賠責保険の補償が受けられるのです。

自賠責保険の補償には上限金額があり、怪我の場合は120万円となります。
この120万円という金額は、怪我の治療費なども含んだ金額となりますので、
まさに「最低限の補償」ということがご理解いただけるものと思います。

事故によって後遺障害が残ってしまった場合には、
その後遺障害の程度等に応じて75万円~3,000万円までの補償が受けられます。

しかし、それでも一般的な裁判の基準よりは随分と低いもので、
まだまだ十分な補償内容とはいえません。そこで、自賠責保険では
到底カバーできない部分の補償を充実させるのが、任意保険です。

ところが、任意保険というのは、自分が誰かに対して賠償をするときに、
自賠責保険では足りない部分をカバーするのが本来の目的であり、
意外かもしれませんが、自分自身の被害については補償されないのです。
この続きは、次週に詳しくお話しすることにします。

次回も、自動車保険に関する大切なポイントについてお話しします。


  • まずはお電話ご予約ください。初回予約専用ダイヤル(初回のみ受付)120-7867-30
  • ホームページからの相談予約。相談予約フォームへ。(365日24時間受付)
ページトップへ まずは、お電話でご予約ください。0120-7867-30
ページトップへ 電話する