まずは、お電話でご予約ください。0120-7867-30 MENU
PAGE

「みお」の情報発信

「みお」の情報発信

暮らしに役立つ 法律情報

「暮らしに役立つ法律情報」は、過去に配信していたメールマガジンの内容です。
最新の情報とは異なる場合があります。予めご了承ください。


ご存知ですか?意外と知らない自動車保険の注意点 〜その3〜

前回に引き続き、自動車保険に関するお話しです。

「任意保険というのは、自分が誰かに対して賠償をするときに、
 自賠責保険では足りない部分をカバーするのが本来の目的であり、
 意外かもしれませんが、自分自身の被害については補償されないのです」

といったお話しをしましたが、任意保険では自分自身の損害を
カバーすることは絶対にできないのでしょうか?

自分が事故に巻き込まれてしまって、自分に非がない場合、
たとえば「追突された」といったような場合に遭遇したとします。
任意保険は、基本的に自分が賠償をしなければいけない場合に
助けてくれるものですから、自分に非がない場合には、
基本的に任意保険を使うことができません。

「保険料を払って加入しているのに、
 自分が事故に遭ったときには使えないなんて...」
「自分の怪我も、自分の保険でカバーできないの?」

という気持ちはたしかに誰でも抱くと思います。とくに、
相手方が任意保険に加入していなかった場合などには、
余計にそのような気持ちになるでしょう。
そういった場合に利用できるのが「特約」です。

特約というのは、保険会社によって実にさまざまです。
最近はテレビやラジオなどで、自動車保険の広告に出会うと思います。
そんなとき「保険料が安い」ということに注目しがちになりますが、
事故の場合の補償内容や特約についてもチェックすることが必要です。

一般的には「人身傷害補償保険」という特約がもっともポピュラーです。
これは、自分に非がない事故の場合でも、自分の被害について
補償してくれる保険です。ただし、注意点が一つあります。

人身傷害補償保険でカバーできるのは、一定の限度があるということです。
怪我の程度や怪我をした場所(部位)について、
保険の契約で決まっている金額が上限ということになります。
特殊な事情などは勘案されません。

それでも、万が一の事態に備えるのが保険ですから、
加入しておくほうが安心なのはたしかです。そしてもう一つ、
代表的な特約が「搭乗者障害保険」です。

搭乗者障害保険は、そのクルマに乗っている人が
事故に遭って怪我をしたりした場合「1日あたりいくら」
という形で治療費などが支払われるものです。

そのほかにも、色々な特約を付帯させることができますので、
保険証券の内容を見直したり、保険会社に問い合わせてみるなどして、
補償内容を見直してみると良いでしょう。

次回も、自動車保険に関する大切なポイントについてお話しします。


  • まずはお電話ご予約ください。初回予約専用ダイヤル(初回のみ受付)120-7867-30
  • ホームページからの相談予約。相談予約フォームへ。(365日24時間受付)
ページトップへ まずは、お電話でご予約ください。0120-7867-30
ページトップへ 電話する