まずは、お電話でご予約ください。0120-7867-30 MENU
PAGE

「みお」の情報発信

「みお」の情報発信

暮らしに役立つ 法律情報

「暮らしに役立つ法律情報」は、過去に配信していたメールマガジンの内容です。
最新の情報とは異なる場合があります。予めご了承ください。

住宅ローンとマイホーム
手に入れたけど、支払いが... 〜その3〜

住宅ローンが払えなくなり、住まいが競売にかけられる...
といった状況になっても、約1年間はそのままマイホームに
住み続けることができるというお話をしました。今回は、
その1年の間にしておくべきことからお話ししましょう。

猶予期間ともいえる1年程度の間に、賃貸住宅に移るための
引っ越し費用や保証金などを、しっかり貯めておきましょう。
また、裁判所の手続きによって、マイホームの落札者が
決まるまでの間は、債権者の合意さえあれば、

自分の売りたい相手にマイホームを任意売却することもできます。
1年という期間を利用して、生活再建に向けた準備をしながら、
マイホームの処分の仕方を検討すれば良いのです。

任意売却の場合、賃貸住宅への引っ越し費用や保証金などを、
買った人に払ってもらうという交渉をすることもできます。
引っ越し費用は20万円程度を支払ってもらうことができるようです。

「住宅ローンが払えない!」という風に追い詰められたとしても、
どうにか解決する方法はありますので、ひとまず立ち止まって、
冷静に考えてみることが必要です。

一番良くないのは、目の前の支払いに必死になってしまい、
借金を増やしてしまうということです。
消費者金融に駆け込んだり、カードローンを利用したりすると、
余計な借金を増やしてしまうことにしかなりません。

住宅ローンの金利は、いくら高くても4~5%程度ですが、
カードローンの金利は18%などとなっています。
低金利の住宅ローンの支払いのために、高金利のカードローンを
利用するというのは、実におかしな話です。

軽い気持ちで利用したカードローンを返すために、
別のカードローンを使うということも考えられます。
借金が借金を呼ぶ、泥沼の状態に陥ってしまいます。

払いきれないほどの住宅ローンの金額は大きいのですが、
その支払いの方法や金額に関しては、
債権者との話し合いで解決できることもあります。

債権者としては、少しでも多く回収したい気持ちはありますが、
無理矢理に全額を回収しようということまでは考えていません。

住宅ローンの残債務については、銀行や保証会社は
不良債権として処理するために、債権回収会社にまとめて
処理を依頼することが多くなります。

残債務を一括で返済できる場合には、債権回収会社との交渉によって、
大幅に減額してもらうことも見込めます。しかし、残債務を一括で
返済することが難しい場合は、民事再生や自己破産といった
債務整理の手続きを利用して、債務を圧縮したり、ゼロにしたりして、
生活再建を目指すこともできます。

いずれの場合も、弁護士に相談していただくことで、
解決の道筋がきちんと見えてきますので、住宅ローンが払えなくなった
といって、絶望してしまう必要はありません。

払えなくなったからといって、すぐに追い出されてしまうことも
ありませんから、いざと言うときには冷静になって、
正しい決断を下すことが大切です。

現在、銀行などの金融機関では、住宅ローンの支払いに関する
相談を積極的に受け付けていますので、住宅ローンでお困りの方は、
まずは金融機関に相談されるのが良いでしょう。

次回も、暮らしに役立つ身近な法律の話題をお届けします。


  • まずはお電話ご予約ください。初回予約専用ダイヤル(初回のみ受付)120-7867-30
  • ホームページからの相談予約。相談予約フォームへ。(365日24時間受付)
ページトップへ まずは、お電話でご予約ください。0120-7867-30
ページトップへ 電話する