まずは、お電話でご予約ください。0120-7867-30 MENU
PAGE

「みお」の情報発信

「みお」の情報発信

暮らしに役立つ 法律情報

「暮らしに役立つ法律情報」は、過去に配信していたメールマガジンの内容です。
最新の情報とは異なる場合があります。予めご了承ください。

身近な暮らしの「時効」の問題
権利を得たり、失ったり... 〜その2〜

前回に引き続き、身近な時効についてのお話です。
前回は飲食代金などについては、1年で時効を迎えるという
お話しをしましたが、給料や残業代の支払いに関する時効は、
飲食代金などの2倍の2年と定められています。

ここ数年の間に、何度もニュースに取り上げられ、
最近とくに大きな話題になりつつあるのが「残業代の未払い問題」です。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、
何年にもわたってサービス残業を続け「もう我慢できない!」
となった場合、会社に対して未払い残業代を請求できます。

それは労働者の正当な権利ですから、泣き寝入りをする
必要はありません。しかし、未払い残業代の時効は2年ですので、
実際に請求できる未払い残業代は「過去2年分まで」
ということになりますので、気を付けておきましょう。

何年も前の給料や残業代となると、立証が難しくなります。
一般的に、未払い残業代を立証する場合、タイムカードなどの
証拠が必要になってきます。そのほかに証拠となり得るのは、
メールやFAXなどの送受信履歴、会社の入退室記録、
車両の運行記録などが考えられます。
いずれにしても、未払残業代の請求をお考えの方は、
できるだけ早くご相談にお越しになることをおすすめします。

----------------------------------------------------------------------
未払い残業代についてお困りの方は、当事務所の運営サイト
【 未払い残業代請求ナビ 】を参考になさってください。
https://www.zangyo-navi.com/
----------------------------------------------------------------------

そのほかの身近な時効の例を挙げてみますと、
退職金は5年、地代・家賃も5年となっています。
家賃を5年も支払わないでいることなど、
現実的には考えられない話ではあるのですが...。

私たちの身の回りには、
色々な時効があることが分かったと思いますが、
どうしても気になるのは「お金に関する時効」かと思います。
前回は個人間でのお金の貸し借りについての問題について
お話ししましたが、消費者金融などの貸金業者との
お金の貸し借りの場合はどうなるのでしょうか。

貸金業者との間では、最後にお金を返済してから
5年で時効を迎えることになります。
極端な例で言いますと、最後の返済をした直後にどこかへ逃亡し、
そのまま5年間が経過したとすれば、
その借金は時効を迎えることになります。

ところが、そんなに甘くもないのが実際のところで、
貸金業者が裁判を起こして判決を得ている状態であれば、
時効を迎えるまでに更に10年が必要になります。
ですから、5年も逃亡すれば借金も時効だ...
ということにはならないケースも多いと思います。

このような極端な例は除外するとして、
やはり、借りたお金はきちんと返すことが必要です。
ただし、時効を迎えている可能性があるのでしたら、
権利を主張できるときにしておかないと、
後になって「あのとき時効だったはず...」ということはできません。

一般的に時効を主張する場合は、
内容証明郵便を利用する方法が確実です。

次回は金融業者からの借り入れと時効について、
実際にあった事例をもとにお話をしたいと思います。


  • まずはお電話ご予約ください。初回予約専用ダイヤル(初回のみ受付)120-7867-30
  • ホームページからの相談予約。相談予約フォームへ。(365日24時間受付)
ページトップへ まずは、お電話でご予約ください。0120-7867-30
ページトップへ 電話する