まずは、お電話でご予約ください。0120-7867-30 MENU
PAGE

「みお」の情報発信

「みお」の情報発信

暮らしに役立つ 法律情報

「暮らしに役立つ法律情報」は、過去に配信していたメールマガジンの内容です。
最新の情報とは異なる場合があります。予めご了承ください。

リボ払いの落とし穴」
いつまで経っても払いっぱなし! 〜その1〜

少し気が早いですが、「ボーナス」の時期が近づいています。
欲しかった物をボーナスで...と考えていても、
どうしても待ちきれないという方もいらっしゃるでしょう。
そのような時、ついつい使ってしまうクレジットカード。
今回は、クレジットカードの意外な落とし穴についてのお話です。

クレジットカードをお使いの方なら、
「リボ払い」という言葉をお聞きになったことがあると思います。
実際に、ショッピングなどの場面で、リボ払いを利用しておられる方も
いらっしゃるのではないでしょうか。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、リボ払いとは、
「リボルビング払い」を略したもので、あらかじめ指定した
一定の金額を毎月返済していくというものです。

たとえば、クレジットカードでたくさんの買い物をしたとしても、
リボ払いなら毎月5千円ずつ、1万円ずつといった具合に、
毎月一定額を支払っていけば良いことになります。

リボ払いで買い物をすると、支払いが毎月一定額になるだけでなく、
「ポイントがたくさん貯まる」とか「キャッシュバック」とか、
色んなサービスを受けられるということもあって、
利用者にとってはとてもお得に感じられるようです。

ではここで、少し考えてみてください。
なぜクレジットカード会社は、たくさんのサービスを提供してまで
私たちにリボ払いを勧めるのでしょうか?
答えはとても簡単です。「カード会社が儲かるから」です。

最近は色んなお店でクレジットカードが利用できるようになっていて、
コンビニやスーパーなどでもカード決済をされる方が増えています。
カードでの支払いの際にリボ払いを選択すると、
口に出すことはありませんが、お店は非常に嬉しいのです。

「現金払いや一括払いのほうが嬉しいのでは?」
と思われるかもしれませんが、そうではありません。
リボ払いの手数料がお店に入ってくることになるので、
お店としてはリボ払いをしてくれるほうが嬉しいのです。
実はリボ払いの手数料は非常に大きなもので、
およそ10~15%くらいに設定されています。

リボ払いの仕組みは、月賦で買い物をするのとは異なります。
たとえば、30万円の商品を月賦の36回払いで購入した場合、
契約した時点で「36回で全額を返済する」というゴールが見えています。
当然ながら、商品代と利息も含めて、36回で払い終えることができます。

リボ払いの場合はカードの利用枠の中で、いくら買い物をしても
毎月一定額を支払えば良いという返済方法です。
たとえば、50万円の利用枠があって、毎月1万円を返済するという
契約をしていたとします。

30万円の商品を購入した場合、上乗せされる利息分も含めて、
大体40回程度で返済が終わります。ところが、きちんと返済をしていくと、
残り20万円だった利用枠に、少しずつ余裕が出てきます。
そうなると、別の商品をリボ払いで購入してしまうことも考えられます。

また、カード会社から「カードの利用枠が広がりました」などという
お知らせを受け取り、さらに別の商品を購入...これを繰り返すうちに、
返済のゴールはまったく見えなくなってしまいます。

つまりそれは、いつまでも毎月一定額を払い続けることになる
ということになってしまうのです。もちろん、その分だけ手数料も
払い続けるということにもつながるのです。


  • まずはお電話ご予約ください。初回予約専用ダイヤル(初回のみ受付)120-7867-30
  • ホームページからの相談予約。相談予約フォームへ。(365日24時間受付)
ページトップへ まずは、お電話でご予約ください。0120-7867-30
ページトップへ 電話する