まずは、お電話でご予約ください。0120-7867-30 MENU
PAGE

「みお」の情報発信

「みお」の情報発信

暮らしに役立つ 法律情報

「暮らしに役立つ法律情報」は、過去に配信していたメールマガジンの内容です。
最新の情報とは異なる場合があります。予めご了承ください。

「法テラス」について
国が作った身近な法律相談所 〜その1〜

日常生活の中で、ちょっとしたトラブルに遭遇したとします。
そんなとき、まずは家族や友人などの身近な方に相談されると思います。

トラブルの中には話し難いことや、
専門家に相談したほうが良さそうなこともあるでしょう。
でも、いきなり法律事務所に行っても良いものかどうか...。
そんなときに利用をオススメするのが
「法テラス(ほうてらす)」です。

法テラス、正式名称は日本司法支援センターといいます。
これは平成18年に政府が全額出資して設立した公的機関ですが、
「司法をもっと身近なものにしよう」という
司法改革の一環として設立されたものです。

これまで、司法というのは国民にとって身近な存在であるとは
決して言えないものでした。そこで、国が本腰を入れて、
身近で、誰からも頼られる「身近な法律相談所」をこしらえた
といった感じのイメージです。

ちょっと脇道にそれますが、法テラスの「テラス」は、
相談者のモヤモヤとした心に、光を「照らす」場になるとか、
悩みを抱えている人の寛げる「テラス」の場でありたい
という意味だそうです。

そんな法テラスですが、一体どこにあるのでしょうか。
実は、全国各地に86箇所もあるんです。大阪でしたら、
西天満にある大阪弁護士会のビルの中に入っています。
全国どこでも、大体は弁護士会の施設と一緒になっているようです。

法テラスの利用方法ですが、
まず全国共通の電話番号に電話をします。
電話をかけると、お困りごとについての質問に答えてくれます。

その質問に答えてくれるのはオペレーターさんで、
データベースから質問内容に対応する回答を見つけ、
アドバイスしてくれるというものです。

その場で解決する場合ももちろんありますし、
それだけで解決できない場合は、きちんと対応してくれる
場所・人・方法を紹介してくれます。

たとえば、「給与が未払いのまま払ってもらえない」という
相談でしたら「労働基準監督署で相談してみましょう」とか
「簡易裁判所で少額訴訟という手がありますよ」といった
アドバイスを無料でしてくれます。

オペレーターさんではなく、今すぐ弁護士に相談したい
という方も法テラスは有効です。法テラスに行けば
ほとんどの場合、弁護士が常駐していますので、
事前に予約をとって弁護士相談にお越しいただくと良いと思います。

「これは法的なトラブルなんだろうか?」という程度のこと
であれば、法律事務所に行くのも気が引けるかもしれませんが、
法テラスは「よろず相談所」のような場所ですので、
気軽に利用していただけるのではないでしょうか。

法テラスは全国どこからでも3分8.5円でご相談いただけます。
法テラスを利用したい方は 0570-078-374(お悩み・ナシ)に
お電話ください。電話受付だけでなく、ホームページでも
相談を受け付けています。ホームページでは、
24時間メール受付を行っています。

▼「法テラス」のホームページ
http://www.houterasu.or.jp/


  • まずはお電話ご予約ください。初回予約専用ダイヤル(初回のみ受付)120-7867-30
  • ホームページからの相談予約。相談予約フォームへ。(365日24時間受付)
ページトップへ まずは、お電話でご予約ください。0120-7867-30
ページトップへ 電話する