まずは、お電話でご予約ください。0120-7867-30 MENU
PAGE

交通事故

取扱分野

賠償金が増える可能性

取扱分野一覧へ

あなたの賠償金額は増える可能性があります

賠償金が増えるかもしれない3つの可能性

  1. 書類や検査のチェックが不十分である可能性

    (書類や検査の不備を正せば、増額される可能性があります)
  2. 保険会社の基準で賠償金が算出されている可能性

    (弁護士は最も高額となる裁判基準で賠償金を算出します)
  3. 保険会社の都合で手続きが進められている可能性

    (「みお」の弁護士は、客観的事実をもとに交渉を進めます)

書類のチェックや病院での検査が不十分なことも。

適正な後遺障害等級の獲得には、弁護士による書類の精査が欠かせません。

後遺障害等級の認定に必要な書類を細かくチェック。
記載内容や検査の「漏れ」を見逃しません。

医師が作成した後遺障害診断書などを、豊富な解決実績と医学的知識を持つ弁護士が細かくチェック。適正な後遺障害等級の認定に必要な記載や検査の実施につなげます。

「みお」に任せて追加検査で等級アップも(医師も気付かなかった検査漏れを発見。結果を診断書に追記して等級がアップされた例も)

賠償金や慰謝料を左右する項目をくまなくチェック。
小さな間違いが、大きな不利益につながることを防ぎます。

チェックする書類の例。要修正箇所の例

賠償金を保険会社の基準で算出されていませんか?

弁護士は最も高い「裁判基準」で算出し、
交渉・裁判を進めます。

「最低」の基準で算出された賠償金を「適正」な金額に。

保険会社の提示する慰謝料や賠償金は、“自賠責基準”なみに抑えた各社独自の基準で算出した、言わば最低限度額。
一方、最も高い“裁判基準”は、裁判所でほぼ確立された算定基準。金額算出には、弁護士の厳密な立証能力が要求されますが、裁判に持ち込まなくても、弁護士の交渉力しだいで“裁判基準”の金額を示談でも受け取ることも可能です。

「みお」に任せて裁判基準なら2倍以上、慰謝料、賠償金に関わる項目は1つじゃないから、修正の積み重ねが、思わぬ増額につながります

「みお」に任せて入院慰謝料も裁判基準に修正

客観的に立証することはできますか?

弁護士ならではの交渉力が活きます

正確な資料+適正な請求額+弁護士の解決力 あなたが本来受け取るべき適正な賠償金を獲得

「みお」に任せて保険会社への“逆査定”が済めばいよいよ弁護士の腕の見せ所。

弁護士費用が心配ですか?

弁護士費用は後払いで安心。「みお」にご相談ください。

  • 弁護士費用は賠償金回収後の「後払い」
  • 初回相談無料
  • 着手金も無料
  • 弁護士費用特約がなければ、LAC基準より割引き

※LAC:日弁連リーガル・アクセス・センターの略称。事故被害等で弁護士を必要とする時に、費用が保険金として支払われる、弁護士保険(権利保護保険)制度の運営団体です。

交通事故案件の弁護士費用はこちら >>

ご存知ですか?弁護士費用特約

ご加入の自動車保険に付いていれば、賠償請求の弁護士費用は保険会社が負担します(限度額有り)。

民事損害賠償手続きガイドブック
無料レポート限定配信中! 民事損害賠償手続きガイドブック

後遺障害等級認定、損害賠償請求などの手続きを解説。限定メルマガも。

無料レポートのお申し込みへ


交通事故問題に関するご相談は、電話またはホームページからお申し込みください。交通事故

  • まずはお電話ご予約ください。初回予約専用ダイヤル(初回のみ受付)120-7867-30
  • ホームページからの相談予約。相談予約フォームへ。(365日24時間受付)
ページトップへ まずは、お電話でご予約ください。0120-7867-30
ページトップへ 相談する