大阪・京都・神戸の「みお」のお申し込みフォームへ まずは、大阪・京都・神戸の「みお」にお電話でご予約ください。0120-7867-30 MENU
PAGE

アスベスト(石綿)被害賠償金請求

取扱分野

解決事例ブログ アスベスト(石綿)被害国家賠償金・給付金請求

取扱分野一覧へ
事例01 いわゆる石綿工場ではない電気機器製造工場に従事していた方の和解成立事例

担当弁護士田村 由起

対象企業 トースター製造工場内(すでに廃業)
症状 中皮腫
労災認定 労災認定なし
賠償額 1,430万円 及 び死亡日からの遅延損害金(年5%)
ご相談者 ご遺族
担当弁護士

担当弁護士田村 由起

事例の詳細

大阪市内にあったトースター製造工場内(すでに廃業)で、昭和35年から昭和48年で働き、平成21年悪性胸膜中皮腫で死亡した男性の遺族が国に1430万円を求めた訴訟。工場内では、トースターの電源コード接続部やヒーター保持石綿板部等の加工作業がなされていたが、男性が直接石綿を加工していた期間があったのか否かは不明であった。もっとも、男性が工場内で管理者として勤務していた際に、前記加工作業において発散した石綿粉じんを吸引した事実が認められ、国の和解対象であると認められた。

弁護士からのコメント

①いわゆる石綿工場ではない電気機器製造工場での就労だったこと

②男性が直接石綿を取扱った証拠はなく、工場内での間接ばく露が認められたこと

③ 会社はすでに廃業しており詳細が分からない中、当時の同僚の証言により和解対象者であると認められたこと

当事務所では、現在、6件が提訴中で、順次和解をする予定です。提訴準備中もあり、石綿(アスベスト)工場で働いていた方、ご家族から多数のご相談をいただいております。

厚生労働省からリーフレットが届いた方、過去に石綿工場で働いたことがあり、労災認定を受けた方やその後遺族の方、一定の要件を満たすことが確認された場合は、国に対して損害賠償請求をすることができます

ご相談は、お気軽にお電話ください。

提訴の時期が損害賠償請求権の期間内であることが必要ですが、期間内であるかどうかについてはこちらで確認いたします。

無料電話相談 0120-7867-30

メールでのご相談フォームより受付ております。

24時間365日受付

LINEで法律相談サービスを始めました


まずはお電話ご予約ください。初回予約専用ダイヤル(初回のみ受付)120-7867-30

  • まずはお電話ご予約ください。初回予約専用ダイヤル(初回のみ受付)120-7867-30
  • ホームページからの相談予約。相談予約フォームへ。(365日24時間受付)
ページトップへ まずは、お電話でご予約ください。0120-7867-30