大阪・京都・神戸の「みお」のお申し込みフォームへ まずは、大阪・京都・神戸の「みお」にお電話でご予約ください。0120-7867-30 MENU
PAGE

対応事件「交通事故」

取扱分野

対応事件「交通事故」

取扱分野一覧へ

交通事故は、真面目に社会生活を送っている人でも、自動車を運転する人であれば誰もが遭遇する可能性のある犯罪です。  

交通事故を起こした場合、加害者は被害者に対して治療費や慰謝料などの損害を賠償する責任を負います(民事上の責任)。また、加害者の運転免許が取り消されたり、免許停止処分を受けることもあります(行政上の責任)。これらに加え、加害者は、刑務所で服役したり、罰金を払わなくてはならないことがあります(刑事上の責任)。
刑事上の責任について、自動車の運転上必要な注意を怠り、相手にけがを負わせた、あるいは死亡させた場合は、過失運転致死傷罪が成立します。また、アルコールや薬物の影響により正常な運転が困難な状態で自動車を運転したり、その進行を制御することが困難な高速度で自動車を走行させるなどして、相手にけがを負わせた、あるいは死亡させた場合は、危険運転致死傷罪が成立します。このほか、無免許運転や飲酒運転、ひき逃げ、スピード違反について、道路交通法違反で処罰されることがあります。

「交通事故」による逮捕で注意すべきポイント

交通事故の加害者には過失運転致死傷罪等の犯罪が成立しますが、必ずしも逮捕されるものとは限りません。

交通事故の加害者には過失運転致死傷罪等の犯罪が成立しますが、必ずしも逮捕されるものとは限らず、警察や検察から呼び出しがあれば取り調べを受ける在宅捜査となることも珍しくありません。また、仮に現行犯逮捕されたとしても、交通事故の場合は早期釈放されるケースが比較的多いです。

被害者が死亡するなど結果が重大な交通事故や、ひき逃げや飲酒運転など悪質な交通事故である場合

加害者が逮捕される可能性は高くなり、身体拘束期間も長期にわたる傾向があります。この点について、取り調べへの対応次第では身柄拘束が更に長期化する可能性がある一方、警察の言うとおりに調書を作成してしまうと、後で事故態様等について争うことができなくなってしまいます。そこで、取り調べにどう対処すべきか、早い段階で弁護士に相談することをお勧めします。

「交通事故」による逮捕で
弁護士がお役に立てること

"通事故で逮捕されてしまった場合、加害者は突如家族や会社と隔離されてしまうこととなります。そして、勾留までの間は、たとえ家族であっても被疑者と面会することができません。しかし、弁護士であれば自由に接見することが可能です。
また、交通事故の刑事手続において、被害者との示談は大変重要です。刑事処分や量刑を決めるにあたり、被害者の処罰感情が重視されるからです。この点についてご相談いただく場合、被害者の処罰感情の緩和および刑事処分にその結果が適切に反映されるよう努めます。

刑事事件問題に関して「みお」の取組はこちら

ページトップへ まずは、お電話でご予約ください。0120-7867-30